​トップページへ

​コントラバスソロアーティストって?

能見 誠ってどんな人?

​能見 誠のこれまで

​能見 誠の作品紹介

​能見 誠の考えている事。

​能見 誠のこれから。

​能見 誠と繋がる。

​制作・出演依頼に関するお問い合わせ!

© 2019 by Makoto Noumi Bajoloco Music Office Created by RYE

My History

​活動履歴

​プロになるまでの略歴。

1964 年 

広島県生まれる。2歳よりピアノをはじめ、13 歳よりコントラバスをはじめる。

1983 年 

広島県立五日市高等学校卒業。

1983 年   

東京藝術大学音楽学部器楽科コントラバス専攻入学。永島義男氏に師事。

1987 年   

東京藝術大学卒業。

​クラシック奏者としての活動履歴

1987 年   4 月  

東京音楽大学オーケストラ研究員在籍。

1988 年   3 月     

広島プロミシングコンサート出演。

広島交響楽団とコントラバス協奏曲を共演。

広島厚生年金会館大ホール。

1988 年   9 月     

名古屋フィルハーモニー交響楽団

第1回ヨーロッパ公演同行。

フランス・パリ、スイスなど5 箇所。

 

1988 年 12 月 

沖縄ムーンビーチミュージックキャンプ参加。 

1989 年   6 月 

アンカレッジミュージックフェスティバル参加。

室内楽、祝祭オーケストラでの演奏。 

1989 年   9 月

ジュネーブ国際コントラバスコンクール参加。

1992 年   6 月 ~  9 月 

イギリス留学。 

王立音楽院教授、ダンカンマクティア氏に師事。

1992 年   7 月 

英国ブライトン音楽祭参加。

1993 年   4 月  

吹奏楽月刊誌 「バンドピープル」

コントラバス奏法講座、執筆。

1994 年   5 月 

コントラバスリサイタル開催。

日暮里サニーホール。

1998 年 10 月  

コントラバス合奏を基本としたライブイベント。 

「Birth」主宰。

コントラバス 合奏+ピアノ+打楽器 

クラッシック音楽にさまざまな要素を取り入れたイベント

 

 日本主要オーケストラの、定期演奏会、コンサートなどの出演実績があり、約10 年間、活動する。またソロ 室内楽奏者として、多くのコンサートに出演している。

1999 ~ 2002 年 

対外的な演奏活動を休止。ジャズ、ポピュラー音楽を学びはじめる。

​ジャズベーシストとしての活動履歴

2004 年~   

赤坂ジャズクラブkei にレギュラー出演

~ 2010 年7 月まで。

自己グループ on fire を結成。

独自の演奏スタイルの確立。

 

2008 年   1 月     

タンゴによるライブを行う。

定期イベントにタンゴバンドとして出演。

アルゼンチンタンゴを独自のアレンジで演奏。

2009 年   9 月 

赤坂B フラットにて、

11 人編成のバンドのアレンジを行う。

多くのタンゴの専門家から高評価を得る。

2010 年   7 月 

ジャズクラブ kei のイベント

丸の内コットンクラブに出演する。

 

2010 年   8 月     

独立。

タンゴユニット等の演奏活動開始。

アルゼンチン建国200 年 記念イベント出演。 

アルゼンチン大使館主催

日比谷公園野外音楽堂

2010 年 10 月 

音楽ジャーナリスト 

竹村 淳 プロデュースライブ。

「テディ池谷&フレンズ」

演奏、編曲で参加。

2010 年 11 月  

杉本  彩 

タンゴノスタルジアにゲスト出演。

自己ユニットによる演奏。

2011 年   1 月 

タンゴ楽団として自主ライブを展開。

コーラスやDJ を加えての編成。

 

精力的に、ライブ、セッションに参加し、ジャズボーカルのバックなどを務め、研鑽を積む。タンゴに傾倒後は、クラシック音楽で培われていた 弓の技術を導入し、一気に開花し、他の追随を許さない圧倒的なパフォーマンスを展開する。

​ジャズクラブから、独立後は、自己主宰バンドを中心に活動し、さらに音楽ジャンルの枠を広げ、さまざまな表現活動を行う。

2011 年 東日本大震災。

コントラバスソロによるパフォーマンス始動。

2011 年   5 月 

ソロライブ活動を開始。

路上での演奏からスタート。

2011 年   7 月 

クラシック演奏解禁。

長野国際音楽祭、ガラコンサート出演。

自らの音楽構成&アレンジによる、室内楽演奏。

 

2012 年   1 月   

コントラバスソロライブ#10 主催

恵比寿アートカフェ

 能見誠音楽事務所設立。

アーティスト名を、能見誠とする。

 

2012 年   4 月   

コントラバスソロコレクションCD

vol.1 , 2 、リリース。

広島、大阪ツアーを行う。

2012 年   8 月 

コントラバスソロコレクションCD。

vol.3、リリース。

2012 年 12 月 

コントラバスソロコレクションCD。

vol.4、リリース。

2013 年   5 月 

コントラバスソロコレクション

オムニバス リミックスCD 制作。

 

2013 年 11 月   

瀬戸内国際芸術祭、音楽イベント参加。

アメリカ大使館共催。

コントラバス,尺八、三味線とのコラボ。

 

2014 年   4 月   

コントラバスソロコレクションCD。

vol.5 をリリース。

2014 年   9 月   

コントラバスソロ Duan Guan ツアー。 

福岡、小倉、広島、神戸、大阪、浜松、東京、仙台 石巻にて実施。

 

2015 年  1 月 

活動拠点を、東京、広島 仙台として、演奏活動を行う。

2015 年  4 月 

広島公演

能見 誠、企画イベント。 

マジッ!愛 ひろしま。主催。

岩国ジャズストリート出演。

2015 年 7月  

コントラバス 盗難にあう。

その後 発見される。

 

2015 年  7 月 

画家 島村洋二郎 

ドキュメンタリー映画 まなざし

(船津 一監督)音楽担当。  DVD 発売。

2015 年 10 月 

コントラバスソロライブ#50 

アンプラグド

(生音のみ ゲストなし)、を行う。

クラシック音楽解禁。

多くのソロライブを経験。活動拠点を、東京、広島、仙台と幅を広げる。

​コントラバス

ソロアーティストとしての活動履歴

2016 年   1 月   

能見 誠 アート作品として、

創作表現、Wood beings を発表。

新しい表現活動を展開する。

2016 年   3 月    

新ユニット Sextet(-1)主宰。

カルメン狂詩曲 制作開始。

2016 年   7 月   

エンターテイメントジャズユニット 

まことゆみ 結成。

 

2016 年   9 月 

狂コントラバスのためのカルメン狂詩曲 初演 

2017 年   4 月   

マジッ!愛 ひろしま スペシャルコンサート 

カルメンラプソディー 抗う美女たちの狂宴 

広島市佐伯区民小ーホール 開催 満員御礼。

2017 年   8 月 

Blood  逃れられない現実 披露。

8 月6 日 ヒロシマ ヲルガン座。

反戦をテーマにしたコントラバスソロによるアート作品。新世界交響曲を演奏。

​2018年 覚醒プロジェクト SAMURAI

■ soli live #79

コントラバスが奏でる日本の四季 

創作表現というコンセプトを背景に展開されるアート作品 

5月広島 ヲルガン座

■ ザ 能見ハウス 

創作室内楽サロンコンサート  

能見誠 音楽構成。​

1月 7月 東京タカギクラヴィア

■ ラジオ番組 サウンドトラック制作。

山本しのぶ の ポワントワーク 

​CD制作。リリースイベント。

■ まことゆみ  9月CDリリース

ジャズボーカルとの Duoアルバム。 

その後リリースライブ

■ Rencontele  ランコンテル  

セッションをコンセプト

シンガーをプロデュースして行うライブ 

東京 新宿J グレープス北参道。

2019年 

Grown up Live Tour