top of page

​能見 誠

Noumi Makoto
Bajoloco

web site

自らを、 Bajoloco (バホロコ=コントラバスに狂った)奏者と名乗り、独自の感性で、あらゆる音楽を、あらゆる場所で表現するアーティスト。 広島県出身。2歳よりピアノを始め、13歳よりコントラバスをはじめる。

1987年3月 東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。

クラシック系コントラバス奏者として活動 ムーンビーチ沖縄ミュージックキャンプ。アンカレッジ国際音楽祭。ジュネーブ国際コンクール参加。 英国留学。帰国後、リサイタル。オーケストラ、室内楽奏者として、多くの実績を残す。 1

999年より、3年間プロ活動休止。ジャズベーシストへ転向。都内ジャズクラブ、ライブハウスで、多くの経験を積み、自己ユニットを結成。東京、大阪、奈良、でのコンサートツアーを行う。 2008年、アルゼンチンタンゴに傾倒。

2010年、個人事務所設立。クラシック音楽を解禁し、更なる自己表現を求め、ジャズ、アルゼンチンタンゴを経験し、独自の表見手段を開花させる。

2011年 、東日本大震災後、活動スタンスを方向転換し、コントラバス一人による創作表現を基軸とした、ソロアーティスト ”能見 誠”としてリスタート。東京、大阪、宮城、山形、などで 80回以上のソロライブを開催。多くの作品を発表している。

2021年、創宴 新しい春を創る音楽イベント。主催。(東京都北区、浄土宗天王山淵富院正光寺)。

2022年、秋田音楽イベント かだる夜 出演。

2022年、コントラバスコンプレックス立ち上げ。7月コンサート主催。

  ​

 

What News

noiseornoterCDogo1.png
noiseornoterCDogo3png.png
rogo.png
moji_white.png
ヘンタイロゴ.png

​Gallery

​◆Noumi Makoto Bajoloco

makotonoumi2022

makotonoumi2022

奉納コンサート

奉納コンサート

Makoto Noumi Bajoloco

Makoto Noumi Bajoloco

Sendaiza 2018

Makoto Noumi Bajoloco

Makoto Noumi Bajoloco

Tokyo

Makoto Noumi Bajoloco

Makoto Noumi Bajoloco

Garmen Rhapsody Tokyo

Makoto Noumi Bajoloco

Makoto Noumi Bajoloco

Carmen Rhapsody

Makoto Noumi Bajoloco

Makoto Noumi Bajoloco

Ishinomaki Beat Station

Bajoloco roca

Bajoloco roca

Matushima Miyagi

Bajoloco Roca

Bajoloco Roca

Matushima Miyagi

Bajoloco Loca

Bajoloco Loca

Matushima Miyagi

Makoto Noumi bajoloco

Makoto Noumi bajoloco

Tokyo 2018 Tak Saito

Makoto Noumi Bajoloco

Makoto Noumi Bajoloco

Tokyo

Makoto Noumi Bajoloco

Makoto Noumi Bajoloco

Hiroshima

Makoto Noumi Bajoloco

Makoto Noumi Bajoloco

Hiroshjima

Doble bass roca

Doble bass roca

Hiroshima

Makoto Noumi Bajoloco

Makoto Noumi Bajoloco

Shimane

Makoto Noumi Bajoloco

Makoto Noumi Bajoloco

Hiroshima

Makoto Noumi Bajoloco

Makoto Noumi Bajoloco

Yokohama

Makoto Noumi Bajoloco

Makoto Noumi Bajoloco

Yokohama

Makoto Noumi Bajoloco

Makoto Noumi Bajoloco

Solo live #10 Tokyo

​◆ live Design & Poster ◆

  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
bottom of page