そもそも、、コントラバスとは?①

最終更新: 5月15日

ウィキペディアには、いろいろ難しく書いてありますが、わかりやすく説明しましょう。


そもそも、現在ある、ヴァイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス は、擦弦楽器 弓で擦って音を出す楽器は、元々、キリスト教の神事で使われるために作られたものです。

楽器の形を見ると、ヘッド(頭=弦止めている上の部分は、まるで女性の髪のような渦巻き

状になっていたり、ボディ(箱部分)は女性のくびれのような、形状、これらは、これらは、その神具の名残とも言えます。現在ある、としたのは、当時は、他にも、たくさんの弦楽器があったようですが、コントラバス はコントラバス としては存在しておらず、ヴィオローネと呼ばれたり、ガンバ とか、いろんな形状であったと考えられます。

そんな中、ヴァイオリン、ビオラ、チェロが軌跡的に生まれたようです。この時点で、コントラバス は、存在していません。

コントラバス Wikipedia



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示